最近ようやく政府が動き出して
感染抑止対策や治療対策や
経済対策をするようになりました。

しかしながら、申請しなければ
恩恵にあずかれないものも多く
その代表格が助成金であります。


助成金は、いつの時代も
受け取り方を知っている人だけが受け取れ
得することが出来るのです。


では、現在、具体的に
どんな助成金があるのかと言うことで
最近話題の助成金や保証制度を
4つ紹介いたします。

まず1つ目は雇用調整助成金
コロナの影響で売上が下がった場合
事業主が申請しすると
従業員の給料を補填するものになります。

2つ目はベビーシッター助成金
これも事業主が申請すると
従業員は小学3年生までの
ベビーシッターや子供の世話利用を
月最大264000円分割引で受けられます。

3つ目は休校に伴う休業補償助成金
学校を休んだ子供の世話をするため
仕事が出来ない親に対して
1日8330円を支給するもので
これも事業主が申請します。

4つ目はセーフティーネット保証
これは売上が前年同期比
5%以上ダウンした中小企業に
最大2.8億円貸し付けるというもので
経営状況により条件は異なります。

フリーランスは対象外?


というわけで、ちゃんと申請すると
お金が入りますので
事業主は上記の助成金や保証を調べて
大至急申請することをお勧めします。

今のような大変化の時は
本当に行動する人が得をして
行動しない人は損するだけですので
ちゃんと行動して
お金を集めた方がいいですね。